心の病気になるきっかけは、以下の通りです。 ・幼少期の辛い経験 ・生活環境の変化 ・人間関係によるストレス ・仕事のストレス ・ネガティブ思考 幼少期に辛い経験をすると、それが引き金になって心の病気を発症させることがあります。 例えば、幼い頃に親と死別してしまい、そのショックで心の病気になることが多いです。 親元を離れて初めて1人暮らしをしたり、社会に出て仕事をするようになったり、引越しをして周りに知人がいなくなったりするなど、生活環境が変化することで、大きなストレスを感じ、心の病気になることもあります。 また、学校や職場での人間関係が上手くいかず、それがストレスになり、心の病気を発症させてしまうケースも多々あるでしょう。 それに、日々の生活でネガティブな思考が形成されてしまうことで、心の病気になる可能性も少なくありません。 このように、どれもストレスが大きく関係しているので、ストレスとどれだけ上手く付き合っていくのかが発症を抑えるポイントになります。